中国新聞に掲載されました

2020.12.21

 

12月21日(月)の中国新聞朝刊にて、~触れない安心~ ”コロナ禍の日常に「非接触グッズ」”というテーマのもと、京泉工業が【島ノ技巧】ブランドにて製作しております、「非接触型ドアオープナー」が紹介されました。

新型コロナウイルス感染拡大に伴い、外出時の接触が気になるものとして、

・ドアノブ

・つり革

・エスカレーターのベルト

・エレベーターのボタン

・買い物かご

・トイレのボタン

・現金自動支払機(ATM)

・洗面所の蛇口

・自動販売機などが挙げられておりました。

インターネットはもとより、量販店でも販売コーナーが設けられるなど、第三波が現実的となってきている今、世間の関心は非常に高いようです。

「非接触型ツール」の利用と併せて、手洗いやうがいなどの日常的な各消毒の基本動作を徹底することが感染防止には大切だと締め括ってあります。

これからコロナ禍で初めての年末年始を迎えます。

予防対策を万全にして、皆で元気に良い年を迎えましょう!

商品購入につきましての詳細は下記URLよりお願いいたします。

< 島ノ技巧 > https://kyoizumi.co.jp/news/1338/

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です